お手入れが楽になる効果的な脱毛法

まず自己処理で毛を剃ったり抜くのはお肌に大きな負担がかかります。
毛を剃るのは地肌も一緒に削ってしまい炎症の原因となります。
剃ると毛の断面がななめになるので見える面積が増え毛が濃くなるように見えてしまいます。
実際に毛が太くなるというわけではありませんが、そう見えるのですから剃ることはよくありません。

また毛を抜くのは毛穴が開いてしまい、埋もれ毛の原因になります。
脱毛剤も同じです。脱毛剤はクリームを塗り乾くまで少し待ちます。時間が経ったら一気に剥がし
毛を抜きます。毛抜きで毛を抜くのと同じことです。さらに脱毛剤には強い薬を使っているので
継続して使うのもお薦めできません。
そして毛を抜くだけなので、またすぐに生えてきます。

エステや医療機関で行う脱毛には様々な種類がありますが、自己処理とは原理が違います。
脱毛といってもただ単に毛を抜くわけではなく、毛の元を処理するのです。

永久脱毛することができる電気脱毛(針脱毛)は、毛穴に特殊加工された針を刺し電気を流します。
そして毛の元となる毛乳頭を焼き破壊します。
一度破壊すると再生することはないので永久脱毛することができます。

そして人気のレーザー脱毛や針脱毛は、脱毛部位にレーザー(もしくは光)を当てます。
レーザー(もしくは光)は黒い色素に反応します。毛根は黒いので反応し、ダメージを与え
毛を生えにくくする方法です。

このようにいずれの方法も毛の元に刺激を与えるものです。
レーザー脱毛や光脱毛は一度で劇的な効果はありません。
毛の周期に合わせ施術を続けることによって徐々に薄くなっていきます。

電気脱毛はかなりの痛みを伴い、お肌にも負担がかかりますが永久脱毛することができます。
レーザー脱毛や光脱毛はお肌の負担も軽く痛みも少ないので始めやすいかと思います。
レーザー脱毛や光脱毛は日本での実績が浅く脱毛データが多くありません。
よってまた生えてくる可能性もあります。
しかし再度生えてきたとしても以前より細く弱い毛なので自己処理もかなり楽になると思います。

脱毛をするのであれば、自己処理ではなく専門施設で行うのがいいと思います。

この記事へのコメントは閉じられています。

INFORMATION